ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

図書館:太陽について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

日中に姿をみせる太陽。太陽は、私たちに光と熱をプレゼントしてくれています。

そんな太陽には、不思議がいっぱいです。太陽の世界をのぞいてみましょう。

太陽の写真

私たちがすんでいる地球は、太陽を中心にまわっています。太陽は、わく星の中で最も大きな天体で、太陽系全体の質量の99%以上を占めています。太陽の表面には、ホクロのような黒点があり、ヒゲのようなプロミネンスも観察できます。

太陽の黒点・プロミネンスの写真

太陽の中心から発した熱は、100万年かけて表面に達します。そして、太陽の表面を離れた熱は、8分30秒ほどで地球にやってきます。

太陽の引力はとても強いので、太陽の上では体重45キログラムの人は、その33倍の重さになってしまいます。

大きさ(直径)

約130万km(地球の約109倍)

質量

地球の約33万倍

温度

表面が約6000度、中心が約1500万度、黒点が約4500度

太陽の年齢

約46億歳

この後、約50億年は光り続けますが、だんだんと膨張を始め、やがて地球を飲み込んでしまいます。

黒点

磁力線の出入り口のこと。まわりよりも温度が低いので、黒く見えます。

黒点は、太陽の活動が活発になると数が増え、その周期は11年毎です。

最近では、2000年頃がピークでした。

プロミネンス

太陽の表面から吹き上がる火柱のことです。

火柱はとても大きく、普通のもので4から5万キロ(地球3から4個分)ほど吹き上がり、大きなものでは、その10倍くらい吹き上がります。

※太陽を見るのには特殊な装置が必要です。自分の家にある双眼鏡や望遠鏡で太陽を見ないように!!

もし、そのまま太陽をみると、目をやけどして、目が見えなくなります。

必ず、専門知識のある人と観察してください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。