ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

図書館:トンボについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

トンボってどんな昆虫なんだろう?
トンボについて、勉強してみよう!!

トンボの種類は?

トンボは全世界で約5500種、日本では約210種類のトンボを見ることができます。

飛翔(ひしょう)のプロ

トンボは、飛びながらエサをとり、交尾や産卵までしてしまいます。

細長い体と大きな4枚のハネは、飛ぶために最適の体です。

トンボの時速は?

トンボは飛翔のプロ。速さだって、プロです。

オニヤンマは、1秒間で約11m飛ぶことができます。人間(陸上選手)は、約10m。

この速さで、エサを捕まえます。

ヤゴって何?

トンボの幼虫のことをヤゴといいます。

ヤゴは、水の中で10数回の脱皮を繰り返しながら大きくなっていきます。どのヤゴも肉食性で、折りたたみ式のアゴを持っています。

トンボの単眼(たんがん)

トンボは単眼という小さな目が3個あります。単眼は、光を感じる程度の簡単な仕組みの眼です。トンボは、単眼のほかに複眼という眼ももっています。

トンボの単眼・複眼の写真

トンボの複眼(ふくがん)

複眼は、小さな眼がハチの巣のようにたくさん集まってできています。上部は青空などの遠くが見え、下部は地上の動くものを見やすくなっています。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。