ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

さくら湖周辺の野鳥:ホオジロ

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月24日更新

ホオジロ(オス)/スズメ目・ホオジロ科

ホオジロ(オス)の写真 

スズメに似ていますが、頭部に黒と白のしま模様があるのが特徴です。明るい林の縁や河原などで生活します。
春の繁殖期のオスは、複雑なさえずりをし、『一筆啓上つかまつりそうろう』、『札幌ラーメンミソラーメン』などと聞きなされています。
主にイネ科の実を食べますが、繁殖期には昆虫を捕らえヒナに与えます。

全長

17cm

翼開長

24cm

時期

1年中

鳴き声

地鳴きは「チチッ」。
さえずりは「チョッピーチュルルピピピロピー」。

特徴

オス:頭部に黒と白のしま模様。
メス:オスよりも全体的に色が薄い。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。