ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町の施策 > 町の施策 > 第5次三春町行財政改革大綱・実施計画(基本項目と推進項目)|三春町
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町の施策 > 各種計画 > 第5次三春町行財政改革大綱・実施計画(基本項目と推進項目)|三春町

第5次三春町行財政改革大綱・実施計画(基本項目と推進項目)|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月23日更新

1 的確な行政運営と協働の推進(町民の目線に立った行政運営の推進)

 新たな行政課題や多様化する行政需要に対応するため、民間の経営感覚や発想、視点を積極的に取り入れ、町民の目線から絶えず見直しを行います。
 また、行政の活動は、様々な面で地球環境にも大きな影響を与えていることから、環境負荷の低減にも配慮しながら行政サービスを提供します。

1)町民サービスの向上

 窓口業務のあり方を精査し、時間の延長・短縮や、窓口業務の外部委託の検討、コンビニ交付サービスの導入など、町民の利便性・満足度の向上を図ります。

2)町民ニーズの把握・反映

 出前懇談会、各地区まちづくり懇談会、町民アンケート等、様々な機会や方法により、広く町民の声を聴き、町民ニーズの的確な把握に努め、施策や事務事業へ反映させます。また、町民が町民自治基本条例に基づき、地域社会の一員として主体的にまちづくりに参画できる機会の確保に努め、町民の責務が果たせるよう努めていきます。

3)環境政策への取組

 地球温暖化対策の推進に関する法律に基づく実行計画を見直しながら、町の事務事業の執行に際して発生する環境負荷の低減を図ります。

4)情報化の推進

 情報化推進計画「e-みはるづくり情報化プラン」に基づき、費用対効果を把握したうえで、総合的に行政の情報化を推進します。また、災害に強いシステムの導入を進め、災害時の対応を検討します。

▲このページの最初にもどる

2 経営基盤の強化(財政の健全化と自主財源の確保)

 事務事業の重点化やより一層の効率化、見直しによる経費削減を図るとともに、受益者負担の適正化や町税等の収納対策の推進、新たな自主財源の確保などにより、経営基盤の強化に努め、将来の財政負担を考慮した計画的な財政運営を図ります。 

1)自立性の高い財政運営と財政状況の積極的な公開

 全職員自らがコスト意識を持ち、限られた財源の中で最大限の公共サービスを提供できるよう努めます。また、三春町中期財政計画の策定とそれに基づく財政運営を行い、財政の健全化を図ります。

2)公営企業等の経営健全化

 公営企業については、経営基盤の安定と地域住民へのサービス確保のため、経営の現状及び将来の見通しについて再点検を行い、時代に即した運営・管理を推進します。また、国民健康保険等については、社会保障費関連の増加が見込まれる中、町民の健康づくりに対する取り組みを促進し、保険給付費の抑制を図ります。

3)行政評価の推進

 新公会計制度の導入により整備される財務書類を活用し、行政評価の充実を図ります。評価や点検を実施することにより重点施策の立案に繋げ、費用対効果を測ることにより、より効果的・効率的な事務の執行に取り組みます。

4)収納率の向上及び滞納整理の推進

 町税等の負担の公平性と自主財源の確保を図るため、納めやすい環境の整備と納付意識の高揚に努めるとともに、滞納処分・臨戸訪問の徹底など滞納者対策の強化を図るなど、引き続き、収納率向上に取り組みます。

5)新たな増収策の推進

 定住促進計画に基づき、三春町に住所を移転し定住する方々への支援の充実を図るとともに、住宅政策や住宅環境及び子育て環境づくりなど、受け入れ環境の整備を推進します。

6)民間活力の積極的な活用

 民間委託や指定管理者制度の導入などにより、多様な民間活力を積極的に活用し、民間手法を活かしたサービス水準の向上と行政コストの縮減を図ります。また、ボランティア団体やNPO法人等の活動を推進するとともに、住民自治の進展に向け、各種町民団体の育成と支援に努めます。

7)効率的な施設管理による経費削減

 公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、新築・更新・統廃合・長寿命化など、より効果的・効率的な施設の保全及び維持管理を計画的に進め、財政負担の軽減・平準化を図ります。

▲このページの最初にもどる

3 組織力の強化と人材育成

 町民の安全・安心を守り、将来を見越した政策を展開するため、町の組織力の向上を目指します。時代の変化と町民ニーズに即した質の高いサービスを提供する体制づくりを進めるとともに、簡素で効率的な組織の確立に努めます。

1)危機管理体制の強化

 自然災害などから町民の生命と財産を守るため、具体的な行動計画や対応体制のマニュアル整備を進め、迅速な対応と被害の拡大防止、早期復旧を図ります。地域住民の防災意識の向上に努めるとともに、自主防災組織の充実・強化に努めます。

2)定員管理の適正化

 新たな定員適正化計画を策定し、「最小の経費で最大の効果を発揮できる少数精鋭の組織体制の確立」を目指します。

3)職員の能力と資質の向上 

 人事評価制度の精度を高め、職員の能力開発と資質の向上、さらには組織力の強化により質の高い行政運営を図ります。また、町民の期待に応えられる職員の能力開発と資質向上を目指し、三春町人材育成基本方針の検証・改訂を行います。

4)効率的な組織の確立

 町民にわかりやすい組織づくりを行うとともに、大きく変化する社会情勢や複雑化する行政ニーズに迅速かつ的確に対応できるよう、柔軟に対応できる組織づくりを進めます。