ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 仕事・産業 > 入札・契約 > 入札情報 > 三春町建設工事入札予定価格公表方法について

三春町建設工事入札予定価格公表方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

 三春町が発注する建設工事入札における予定価格については、平成17年度より事前公表を行ってきました。

 しかしながら、予定価格の事前公表については取りやめるよう国からの要請があることなどを踏まえて、建設工事入札における予定価格の公表方法を次のとおりとします。

 ・平成29年4月から発注する建設工事入札において、試行的に予定価格が500万円を超える建設工事の予定価格を「事後公表」とする。

 なお、その落札率の検証結果を踏まえ、それ以降の予定価格公表の方法を検討するものとする。

 ・予定価格は従来の方法と同様に、落札者が決定した翌月に、ホームページや財務課で公表する。ただし、入札不調となった場合は非公表とする。

 ・事前公表の場合は1回の応札だけであったが、事後公表に変更した場合、最大で応札は3回までとする。

 なお、2回終了時点で、落札者が決定しない場合は、最低の価格で入札した者と随意契約を締結することができるものとする。(不落随契 地方自治法施行令第167条の2第1項第8号規定による。)