ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 健康・医療 > 病気の対処法 変形性膝関節症|三春町
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 健康づくり > 病気の対処法 変形性膝関節症|三春町

病気の対処法 変形性膝関節症|三春町

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月6日更新

 このページは、健康な毎日を過ごしたい方への応援のページです。病気の内容、対処法をお知らせします。

*糖尿病  *う蝕(虫歯)  *変形性膝関節症 *マイコプラズマ肺炎

変形性膝関節症

どういう病気なの?

 変形性膝関節症とは、膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力の低下が原因となって、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて患者さんの数が増えていきます。

そのままにしておくと、どうなるの?

 同じ変形性膝関節症でも、症状の現れ方や進み方は人によって千差万別です。X線写真では膝関節の変形が相当進んでいるのに症状がほとんどない人、逆にひどく痛むのにX線写真では変形がほとんど見られない人など様々です。
 変形性膝関節症の症状がどのくらい進んでいるかを知る手がかりとして、自覚症状があげられます。自覚症状は病気の状態をかなり的確に反映しています。

初期

 朝、膝に違和感を覚える。 しかし、この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。

中期

 膝が完全に曲がりきらない、伸びきらない。正座やしゃがみこむなどの動作が苦痛。膝の周囲が腫れる、熱感を伴う、むくむ、だるい等。

末期

 日常生活に支障が起こるほどの痛み。関節の変形が目立つ。

どうすればよいの?(対処法)

痛みが始まったら日常生活の工夫を

 医師の指導にしたがって治療を行って痛みが治まってきたら日常生活を見直し、膝への負担をできるだけ軽くする工夫をすることが大切です。
 ただし、がんばり過ぎて症状が悪化したり、無理をして疲れてしまい長続きしなかったりしたのでは効果がありません。自分の体力や病気の症状を考えて、自分のペースで少しずつ毎日の生活に取り入れていきましょう。

  • 肥満を解消する。
  • 運動不足を解消する。
  • 糖分は控える。
  • 足にあった靴を選ぶ。
  • 毎日お風呂に入り血行をよくする。
  • サポーターなどを利用して膝を冷やさないようにする。
  • 杖を利用する。

自宅でできる簡単な大腿四頭筋肉のトレーニング

 この運動は、筋肉を鍛えると同時に、関節軟骨の代謝も促進するので柔軟性が増し、膝が完全に曲がりきらない状態や、伸びきらない状態を予防するのにも効果的です。

椅子に深く腰掛け太ももとすねが水平になるまで5秒間くらいかけてゆっくりと片足を上げていくできるだけ膝を伸ばす。つま先も立てたほうがよい5秒くらいかけてゆっくりと足をおろす慣れてきたら、500gから1kgの錘をつけて同時に行う

※治療に当たっては、必ず専門医にご相談ください。

関節症グラフ