ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

郷土人形館の概要|三春町歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月1日更新
 

三春郷土人形館へようこそ

 

冬季休館について   

  郷土人形館は、毎年12月から翌年2月末まで、冬季休館となっております。
  ただし、三春だるま市が開催となる1月の第3日曜日は、1日限定で開館します。 

郷土人形館の概要

人形館外観  バス停『中央大町』付近から入ったところです。

 三春郷土人形館は、東北地方の郷土玩具を展示する施設として、平成2年に開館しました。歴史民俗資料館より歩いて5分ほどのところにあります。土蔵2棟を利用した館内には、三春張子人形、三春駒、東北地方の土人形・こけしを展示しています。

 土蔵そのものも、築130年という古いもので、特に1号館1階の階段箪笥や、襖絵(この地方の画家で鶴の絵を得意とした中村寛亭の手によるもの)と、その裏面の三春藩講所教授であった依田氏による「飲中八仙歌」の書は見ごたえがあります。

らっこコレクション

郷土人形館に展示されている人形や玩具は、主に「らっこコレクション」と呼ばれるコレクションからのものです。このコレクションは東北地方の郷土玩具・郷土人形を中心に蒐集されたものです。昭和初期に、東北大学の学生であった故・中井淳氏が蒐集をはじめ、その後、故・高久田脩司氏に引き継がれ、保存されてきました。

従来こけしのコレクションとして有名でしたが、東北地方の土人形である堤人形(仙台)・花巻人形(花巻)・相良人形(米沢)などや、三春人形、それに各地の郷土玩具も多く含んでいます。

フロアガイド   

人形館フロアマップ

※ 土蔵を利用した建物のため、段差が多く、車いす・ベビーカー等が使用できません。大変申し訳ありませんが、
  あらかじめご了承ください。 
 

 

 

 △このページの先頭へ