ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 生涯学習 > 町民図書館 > 三春町民図書館おすすめ!田部井淳子さんの本
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 文化・生涯学習 > 生涯学習施設 > 町民図書館 > 三春町民図書館おすすめ!田部井淳子さんの本
ナビゲーション ←もくじメニューを表示します。

三春町民図書館おすすめ!田部井淳子さんの本

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月5日更新

三春町民図書館おすすめ!田部井淳子さんの本

三春町民図書館で所蔵している、田部井淳子さんの本の一部をご紹介します。
田部井さんは、エベレストの体験記はもちろん、そのほかにも、優れたエッセイや登山の入門書をたくさん遺しています。

最高峰への道-登山体験記

 
請求記号書   名著者名出版者出版年
L786エベレスト・ママさん|山登り半生記田部井 淳子/著新潮社1982
L786七大陸最高峰に立って田部井 淳子/著小学館1992
L786山の頂の向こうに田部井 淳子/著佼成出版社1995
L786エプロンはずして夢の山田部井 淳子/著東京新聞出版局1996
L786さわやかに山へ田部井 淳子/著東京新聞出版局1997
L786高いところが好き田部井 淳子/著小学館2007.9
L786山からの贈り物田部井 淳子/著角川学芸出版2007.11
L786Honouring high placesJunko TabeiRocky mountain books2017

 山へのいざない―登山入門書ほか

請求記号書   名著者名出版者出版年
L291うつくしま百名山福島テレビ株式会社1999.6
L291はじめての山歩き田部井 淳子/著文化出版局2002.3
L786山を楽しむ田部井 淳子/著岩波書店2002.9
L786いつでも山を田部井 淳子/〔著〕小学館2008.6
L786山で元気に!田部井淳子の登山入門田部井 淳子/講師日本放送出版協会2009.8
L786田部井淳子のはじめる!山ガールNHK出版/編日本放送出版協会2010.5
L786日本人なら富士山に登ろう!田部井 淳子/著アスキー・メディアワークス2010.6
L786田部井淳子の楽しい!山登り入門田部井 淳子/監修PHP研究所2011.5
L786大人の悠々登山三才ブックス2011.6
L786山の単語帳田部井 淳子/著世界文化社2012.8
L291日本の屋根栗田 貞多男/写真 編世界文化社2013.6
L291富士山の単語帳佐野 充/編著世界文化社2013.7
L291福島県ハイキング・トレッキングガイドブック福島県観光物産交流協会 うつくしま観光プロモーション推進機構2014.2
L402尾瀬の博物誌大山 昌克/著世界文化社2014.7
LK78安全に楽しむ!子どもの山登り 全3巻田部井 淳子/監修鈴木出版2015.1

 対談・インタビュー

請求記号書   名著者名出版者出版年
L914「量子」を語る僧侶と「無限」を畏れる医者坪井 栄孝/著財界212003.1
304いらない日本、いる日本月刊『望星』編集部/編東海教育研究所2003.3
914話せばわかる!養老 孟司/著清流出版2003.9
916子どもたちの8月15日岩波新書編集部/編岩波書店2005.7
L281老いのレッスン2佼成出版社2010.11

 「怖いもの知らず」の人生―エッセイほか

請求記号書   名著者名出版者出版年
L281怖いもの知らずの女たち吉永 みち子/著山と渓谷社2009.3
281夢ひとすじ福島びと福島民友新聞社/[編]福島民友新聞社2009.12
L367老いも孤独も踏み越えて吉永 みち子/著主婦の友社2011.4
L786田部井淳子の人生は8合目からがおもしろい田部井 淳子/著主婦と生活社2011.5
L786それでもわたしは山に登る田部井 淳子/著文芸春秋2013.9
L786人生、山あり時々谷あり田部井 淳子/著潮出版社2015.1
L786私には山がある田部井 淳子/著PHP研究所2015.6
L786田部井淳子のそこに山があるから田部井 淳子/著洋泉社2016.7
L786再発!それでもわたしは山に登る田部井 淳子/著文芸春秋2016.12
L781てっぺん田部井 政伸/著宝島社2017.7
F淳子のてっぺん唯川 恵‖著幻冬舎2017.9

おすすめ!この一冊

  • 『エベレスト・ママさん』(田部井淳子/著 新潮社)
     田部井さんの初めての著作です。山との出会いからヒマラヤ登頂までの半生を、生き生きとつづっています。
     「行くんだ!!」という強い意志をもって、女性ならではの葛藤や苦悩を乗り越え、ヒマラヤの壮絶な自然環境も乗り越え、最高峰の頂上に立つまでにいたる力強さは、私たちに勇気を与えてくれます。
  • 『山の単語帳』(田部井淳子/著 世界文化社)
     山の自然から登山道具まで、山にまつわる言葉を美しい写真を交えて紹介した一冊です。
     一つひとつの言葉の解説はわかりやすくて親しみやすく、田部井さんの知識の広さはもちろん、山への愛も端々から伝わってきます。
  • 『再発!それでもわたしは山に登る』(田部井淳子/著 文芸春秋) 田部井さんが、亡くなる2か月前まで書き残した記録です。がんの治療を行いながら、海外での登山や高校生との富士登山、講演会など、楽しみながら過ごしていた様子がよく伝わってきます。
     巻末に夫の田部井政伸さんが寄せた「淳子のこと」からは、ご夫婦の暖かな絆が感じられます。
  • 『淳子のてっぺん』(唯川恵‖著 幻冬舎)
     田部井さんをモデルにした長編小説です。作者は直木賞作家の唯川恵さんです。
    幼少のころ遊んだ三春の不動山からエベレスト、東日本大震災後の富士山登頂まで、田部井さんの歩みがドラマチックに描かれます。
     ぜひ、田部井さんの著書と読み比べてみてください。