ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > ふるさと納税税額控除の仕組み

ふるさと納税税額控除の仕組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月20日更新

確定申告について

 毎年1月1日から12月31日までに行った寄附について、最寄りの税務署に所得税、またはお住まいの市区町村に住民税の申告を行うとき、「受領証明書」を申告書に添付してください。

受領証明書の発行

 寄附をお寄せいただいた方には、町から確定申告等で提出する「受領証明書」を発行します。税額控除に必要となりますので、大切に保管してください。クレジットカードによる寄附をお寄せいただいた方につきましては、1か月以上時間がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

税額控除の仕組み

 確定申告をしていただいた方は、所得税の還付と住民税の控除を受けることができます。

税額控除の方式

                            控除のしくみ [PDFファイル/224KB]

 寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。
 ※ 控除対象額は、寄附者の家族構成や給与収入額等で一人ひとり異なります。
 詳しくは、
総務省ホームページをご覧になるか、お住まいの市区町村の住民税担当窓口におたずねください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)