本文までスキップする

現在地

福島県不育症治療費助成のお知らせ

印刷

不育症とは

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返してしまう状態のことを「不育症」と呼んでいます。

不育症の方の多くは偶発的流産であり、この場合は特別な治療を行わなくても次回妊娠の経過は良好なので、カウンセリング等でストレスを軽減し安心して妊娠できる環境を整えることが重要です。

一方、不育症の方の中には、リスク因子を有しているために流産等のリスクが高まってしまっている方もいます。この場合には、検査によってリスク因子を特定し、その因子に応じた治療を行います。

福島県では、偶発的流産の方へは相談窓口を設置し、治療が必要な方へは、特定の治療法に対して費用を助成しています。

対象者

法律上の夫婦であって、治療期間中および申請日において、両者または一方が福島県内に住所を有する方。

対象治療

不育症と診断された方が妊娠した場合に、国内の医療機関で行ったヘパリンを主として不育症治療。保険診療・保険外診療は問わず、ヘパリンを使用していれば併用する投薬も対象になります。

助成の内容

1回の妊娠期間につき15万円まで。回数制限はありません。
※医療保険各法による高額療養費や付加給付がある場合は、控除します。

申請期限

治療終了日(出産日)の属する年度末(3月31日)までに申請してください。申請が遅れる場合には、申請窓口までご相談ください。

不育症相談・治療費助成申請先

◆受付日時:月から金(祝日を除く) 8時30分から17時

◆相談方法:電話または面談(要予約)
毎週木曜日は専門医が相談にお応えしておりますので、お気軽にご連絡ください(専門医との相談は要予約)

◆電話番号
不育症相談:0248-75-7822(女性のミカタ 健康サポートコール)
助成申請問い合わせ:0248-75-7810

<県中保健福祉事務所>
   〒962-0834 須賀川市旭町153-1

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課 母子保健グループ

〒963-7796 福島県田村郡三春町字大町1番地の2
Tel:0247-62-0055  Fax:0247-62-3232

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
get adobe reader

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

トップに戻る