本文までスキップする

現在地

犬・猫へのマイクロチップの装着について

印刷

 動物の愛護及び管理に関する法律の改正に伴い、令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。

 ブリーダーやペットショップ等で新たに購入した犬や猫には、すでにマイクロチップが装着されておりますので、飼い主になる際には、御自身の情報に変更登録する必要があります。

 さらに、マイクロチップが装着されていない犬や猫を譲り受けた場合や、拾った犬や猫に御自身でマイクロチップを装着した場合には、飼い主の情報の登録が必要になります。

  マイクロチップを装着すると、犬や猫が迷子になったときや、地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離れたばなれになったときに、皮下に装着されたマイクロチップを専用のリーダーで読み取り、その番号からデーターベースに登録されている飼い主の情報と照合することで、飼い主に連絡することができます。

 マイクロチップ登録制度の詳細については、次の環境省のホームページをご覧ください。

   環境省HP:マイクロチップ登録制度に関する飼い主の方向けQ&A

このページに関するお問い合わせ

住民課 生活環境グループ

〒963-7796 福島県田村郡三春町字大町1-2
Tel:0247-62-2147  Fax:0247-62-5155

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
get adobe reader

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

トップに戻る